コミックス

【チェンソーマン87話「チェンソーマンVS恐怖の武器人間」】ネタバレ・考察・感想

以下は、コミックスのネタバレを含みますので、ご注意ください。

【チェンソーマン87話「チェンソーマンVS恐怖の武器人間」】ネタバレ・考察

チェンソーマンが食べた悪魔たち

 

マキマと一緒に登場した、名もなき悪魔たち。

彼らは、実はチェンソーマンに食べられた悪魔だった。

なので、名前がなかった。

 

しかし、なぜか存在は残っていた。

 

武器の悪魔3人と、4人の騎士がチェンソーマンと戦ってたようでした。

 

なるほど。

前回登場していた謎の4人が「騎士」だったわけですねww

 

 

でも戦っているうちに、途中でチェンソーマンは消えてしまう。

そしてチェンソーマンは変わり果てた姿になっていた。

 

それが、ポチタだったわけですね。

 

 

マキマ

「チェンソーマン いい加減 この戦いを終わらせましょう」

 

 

チェンソーマンは、あくびをしながら、頭を掻いているw

 

いざ、戦闘開始

 


マキマ

「公安対魔 特異5課 作戦開始」

 

7人とも、自分の栓?を抜き、悪魔化・騎士化する。

 

もうこっから、まじで文字がない。

絵で見せる藤本先生。

 

チェンソーマンを取り囲む、7人。

一気に、どかんとはじくチェンソーマン。

 

 

ビルがどんどん破壊されていく。

 

 

圧巻のチェンソーマン

 

 

そして、サムライソードと対峙するチェンソーマン。

 

あんなに前回バトルで苦戦していたサムライソード。

何と今回、瞬殺で首を切ってしまう。

 

チェンソーマン強すぎる。。。。

 

 

マキマ

「うん」

「勝てる気がしない」

チェンソーマン87話・感想

チェンソーマン10巻読んで87話のビル破壊ページが描くのに何日もかかるくらいの作画カロリーメガ盛りだったから見てヒィィィ!ってなった

 

>>たしかにあの絵、まじで半端ないっすよね・・・

めちゃくちゃ作画すごくて熱すぎました・・・・・

 

87話の冒頭でマキマが言ってた、彼らを呼称した名前は食べられたのに、その存在は消えなかったって
例えば「クァンシ」の悪魔とかがいて、それがチェンソーマンに食べられたけどクァンシ自身は消えなかったってことなのかな?

 

>>「消えなかった」という部分は、たしかに謎に思いました。

食べきれなかったのかな??

 

 

昔のチェンソーマンは、地獄のみ、で、最強だったのではないか。

つまり地上では「悪魔を殺してくれるヒーロー」として人気が高く、「地上に出ると弱体化してしまう」という条件付きだったのではないか。

ならばチェンソーを地上に引きずり出せれば「勝てる」
そして、チェンソーマンは瀕死になった

 

>>この考察はすごい!

たしかに、普通に考えたら負けるはずもないですね。

 

そこでチェンソーマンは考えた。
「どうやったら地上でも強くなれる?」

そう、自 分 の こ と を 人 が 忘 れ た ら 良 い 。
そう思い立ったチェンソーマンは自分の「食べたモノの名前を消す」能力で自らを半分食べ、人間界の自分を消した。

これで地上でも最強のチェンソーマンの出来上がり。

 

>>「自分のことを人が忘れる」か・・・・

これは、たしかにありえますね。

 

ポチタの傷は、あの7人にやられたものと思ってましたが

実は、自分で食べたの???

 

 

※チェンソーマンが無料で読める!
 
「U-NEXT」では無料トライアル登録をするだけで「無料」で読むことができます!
31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

さらに、U-NEXT内で漫画を購入すると、購入額の最大40%がポイントとして返ってきます!

そのため、書店で買うよりもお得です。

\ 31日以内に解約で無料! /

無料で読む

Copy Right

(C)藤本タツキ
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

RELATED POST