未分類

【チェンソーマン】「デンジ」とは?正体・狙われている理由を解説

【チェンソーマン】デンジの基礎情報

 

  • 年齢:16歳
  • 特徴:女性に免疫がない・「(チェンソーの)悪魔」と「人間」の要素を持った存在
  • 夢:普通の生活をする・ジャムを塗った食パンを食べる、死ぬ前に女を抱く
  • 趣味: 寝ること・食うこと

デンジの生い立ち

 

子どもの頃に、親が死に、借金を抱え、「明日までに借金返さないと殺す」とヤクザに言われる。

死を覚悟した時、出会ったのが「チェンソーの悪魔・ポチタ」

 

同じく瀕死状態だったポチタと「助ける(デンジの血を飲ます)代わりに、俺を助けろ」という「契約」をして、デビルハンターとなる。

ヤクザはそののち、「ゾンビの悪魔」に支配され、デンジは倒される。

ポチタは自分の心臓をデンジにあげ、デンジは「チェンソーマン」に変身できるようになった。

 

そして、「ゾンビの悪魔」に支配されたヤクザたちを倒し、マキマのいる「公安対魔特異課」にスカウトされる。

デンジが狙われている理由

そもそも「ポチタ」と「チェンソーマン」の違いは?

 

「デンジが狙われている理由」を理解するには、「チェンソーの悪魔」と「チェンソーマン」の違いを理解することが大切です。

 

①ポチタ(チェンソーの悪魔)

まず、ポチタ。

これは、チェンソーの悪魔。

 

②デンジ+チェンソーの悪魔の力

続いて、体はデンジ、頭がチェンソー悪魔。

これは、言ってしまえば「デンジとチェンソーの悪魔」という形。

 

③チェンソーマン

 

そして、デンジ(人間)の原型をとどめていないバージョン、完全なる悪魔の姿。

これが「地獄のヒーロー、チェンソーマン」

 

①ポチタは、③チェンソーマンの、仮の姿?と説明すると、分かりやすいかもしれない。

 

そして、この地獄のヒーロー「チェンソーマン」が、物凄い力を持っているため、米国や中国など世界中から刺客が送られ、デンジの「心臓(=ポチタ)」が狙われている。

チェンソーマンの「能力」とは?

 

チェンソーマンの能力は…

「チェンソーマンが食べた悪魔は、その名称を有する存在・概念がこの世から消滅し、誰も思い出せなくなる」

 

例えば「チェンソーマン」の作中世界では、

  • ナチス
  • 第二次世界大戦
  • エイズ
  • 核兵器

などの概念は、もうないものとされている。

「その言葉の意味すら不明」ということ。

 

なぜなら、すでに「ナチスの悪魔」「第二次世界大戦の悪魔」…など、その名を持つ悪魔が、チェンソーマンに食べられてしまったため。

 

地獄にいる悪魔は、「地獄で」死んだ後に、輪廻転生という形で現世へと送られる。

悪魔は地獄にいた間の記憶はないものの、地獄で死ぬ直前に「チェンソーのエンジン音」を聞いた覚えがあると、言っている。

 

天使の悪魔によれば、その音はデンジが胸のスターターグリップを引く音と酷似しているとのこと。

つまり、現世にいる悪魔は、「全てチェンソーマンによって地獄で殺された悪魔」なのでは?と、デンジの同僚である・アキは考察している。

 

また作中で登場する、「人でも悪魔でも魔人でもない者(レゼやサムライドードなど)」は、「その名を所有する悪魔を、チェンソーマンが食べ、名前は消えたがかろうじて存在だけが残された」という形です。

 

※チェンソーマンが無料で読める!
 
「U-NEXT」では無料トライアル登録をするだけで「無料」で読むことができます!
31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

さらに、U-NEXT内で漫画を購入すると、購入額の最大40%がポイントとして返ってきます!

そのため、書店で買うよりもお得です。

\ 31日以内に解約で無料! /

無料で読む

Copy Right

(C)藤本タツキ
※本記事で使用している画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。